白髪 目立たない カラーリング

白髪が目立たないカラーリングの方法とは?

スポンサーリンク

服装などもバッチリ整え、メイクなども完璧に行ったとしても、髪の毛にちらほらと白髪が見えるだけで、なんだか残念な印象になってしまうことってありますよね。
服や靴に気を遣うように、白髪の対策もしっかりと行っておきたいものです。
何とか、白髪が目立たないようにカラーリングをしておきたいものですが、いったい、どんな方法で行えばよいものなのでしょうか?

 

白髪を染める方法はいくつかありますが、代表的なものといえば以下の2つでしょう。

 

まずは、アルカリヘアカラーというもので、アルカリ性の染色液を使って髪の毛を染めていく方法です。
これは、一般的な白髪染めの方法で、髪全体を生え際から染めていきます。
効果が持続しやすいという長所がありますが、その反面、髪の毛を痛めつけやすいというデメリットがあります。

スポンサーリンク

もう一つの方法としては、ヘアマニキュアという方法があります。
こちらは比較的髪の毛を痛めないで済むほか、きれいに染まりやすいというメリットがありますが、その反面、生え際まで染めることができないというデメリットも抱えています。

 

そこで、目立たないようにカラーリングを行っていくためには、まずは、アルカリヘアカラーによって全体をまんべんなく染めるようにしましょう。
1回全体を染めた後は、様子を見ながら、部分的に染めるという方法もよいでしょう。
一部分だけを染めることによって、髪の毛全体にダメージを与えるリスクを減らすことができますし、割と自然に染めることができるほか、立体感を持たせることができるので、白髪が目立ちにくくなるという良さもあります。

スポンサーリンク