白髪 少ない 染める

少ない量の白髪を染める方法とは?

スポンサーリンク

白髪が生えてきてしまうと、本当に気になってしまって仕方がないですよね。
どうにかして、あの白髪を目立たないようにしてしまいたいものです。

 

黒い髪に数本程度混じっているだけであれば、気が付いたときに抜くこともできるのですが、だんだんと本数が増えてきて、目立つようになってくると、対処にも悩みますよね。
全体的に目立つのであれば染めてしまう方法もあるのですが、抜くのには本数が多いけど、全体の白髪染めをするほどではないような、中途半端な本数だと、本当に困ってしまいます。
このようなときにはどうすればよいのでしょうか?

 

白髪染めというと、髪全体を染めるようなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかとは思いますが、実は、部分的に染める方法もあるのです。

スポンサーリンク

ヘアマニキュアという方法ならば、一部分の白髪を染めることができます。
一本一本白髪を抜くのは大変ですが、これならば、そのような労力をかけずに白髪対策をすることができます。

 

しかし、一方で、ヘアマニキュアには少しだけ弱点もあります。
1つは一部分だけ染めるので、周囲の黒髪と比べると、少し色が浮いて見えることがあることです。
これが気になる場合は、最初の1度だけでも全体を染めるようにするとよいでしょう。

 

また、これはヘアマニキュアの特性なのですが染色液がアルカリ性であるというところが弱点になってしまうことがあります。
人間の皮膚は酸性寄りなので、アルカリ性の染色液を頭皮につけないよう、根元までは染められないのです。
こういった点を踏まえたうえで、上手に活用していきましょう。

スポンサーリンク