白髪 染まらない 理由

白髪がなかなか染まらない理由とは?

スポンサーリンク

白髪がだんだん増えてきた…
実際に目に見えて白髪が増加してきたのがわかると、結構ショックですよね。
自分もそんな年齢になってしまったのかと、ちょっぴり落ち込んでしまいます。

 

白髪が増えてきた時に行う対策として一般的なのは、やはり白髪染めでしょう。
しかし、白髪染めを行うときにちょっと困りものなのが、なかなか白髪が染まってくれないというものです。
こちらとしては、一刻も早く自然な色に仕上げて、周囲に気づかれないようにしたいのですが、すぐに染まってくれないことが多いですよね。
どうして、白髪がなかなか染まってくれないのでしょうか?
ここでは、その理由についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも、白髪を染める過程では、髪の毛のキューティクルをはがして、そこに染料が染み込んでいくという工程があります。
ですので、なかなか色が染まっていきにくいのですね。

 

さらに、白髪にはそもそも最初から色素が入っていないために染まりにくいということも理由として挙げられます。
黒髪であれば、ブリーチしてから染料を加えていくことで、もともとの黒い色素も活用しながら色を染めていくことができるので、短時間で着色させることができるのですが、そもそも白髪には色素が含まれていないために、どうしても染まるまでに時間がかかってしまうのです。

 

黒髪の色素であるメラニンには、カラーリングによる色素を吸着させる作用があるともいわれています。
白髪にはメラニンが含まれていないため、余計に色が付きにくいのですね。

 

白髪を黒く染めるのにはどうしても時間がかかってしまいますので、場合によっては明るめの色に染めていくという方法もありかもしれませんね。

スポンサーリンク